ホーム会社情報 › 会社沿革

会社沿革

会社の沿革

1923年 大正12年
貿易業務を木村説二の個人経営により開始し、ベアリングをはじめとする、自動車および航空機部品を販売。
1932年 昭和7年
米国ティムケン社製ベアリングを満州鉄道の夢の超特急「アジア号」用に納入。
1937年 昭和12年
米国ステュワート・ワーナー社と技術提携により、速度計・回転計等の計器類を都内蒲田工場で製造開始し、国産化。
1938年 昭和13年
資本金49万円にて株式会社木村洋行に改組し、陸軍戦車用燃料ポンプ、歯切機械、ベアリングの製造を開始。(陸軍及び海軍管理工場を拝命)
1943年 昭和18年
木村工業株式会社と改称。
1945年 昭和20年
蒲田・荏原・羽田の各工場が空襲罹災。陸海軍の復旧命令により茨城県岩井市の疎開工場に移転。
1950年 昭和25年
会社名を創業時の木村洋行に復帰し、米国の工場20数社との総代理権を再開して貿易業に専念。
1954年 昭和29年
丸の内の三菱21号館(現在の新東京ビル)が米国の接収解除となったので、戦前からの旧事務所に復帰。
1959年 昭和34年
米国ケイドン社の日本総代理店となり、超薄形ベアリングの輸入販売を開始する。
1970年 昭和45年
創業者木村説二が代表取締役会長に、木村芳正が代表取締役社長に就任し、事務所拡張の為、本社を日比谷パークビル(旧日活ホテル)7階に移転。また11月に払込資本金500万円に増資。
1971年 昭和46年
横浜市にサービスセンターを新築する。米国ステュワート・ワーナー社製電波高度計の技術導入にあたり、(株)日立製作所殿との提携契約の橋渡しを行う。
1975年 昭和50年
事務所拡張のため、本社を日比谷パークビル5階に移転。
1978年 昭和53年
当社の横浜市への貢献に対して、細郷道一市長より感謝状を授かる。
1979年 昭和54年
米国ステュワート・ワーナー社の会長兼社長より提携50周年を記念して、表彰状を授かる。
1990年 平成2年
千葉県飯岡町に建坪1,000m²のサービスセンターを新築し、横浜市より移転。
1993年 平成5年
事務所拡張のため、日比谷パークビル4階に本社を移転する。海外社名を「S.Kimura&Company Ltd.」より「Kimura Corporation」に変更。
1995年 平成7年
払込資本金を1,000万円に増資。
1996年 平成8年
横浜市の社有地4,832m²に店舗賃貸用として、サミット菊名ビル(地下1階地上3階)を新築(ハートビル法神奈川県内認定第1号)。また、本社事務所も拡張。
2002年 平成14年
本社事務所を新東京ビルに移転する。
2007年 平成19年
航空自衛隊より、1989年、1999年に続き、3度目の感謝状を授かる。
2009年 平成21年
サービスセンター増改築工事完了。
2013年 平成25年
創立90周年を迎える。
イメージ

ページの先頭へ